ブログ

ブログ詳細

不動産登記法第17条


住宅ローンの返済が終わり、

金融機関から抵当権抹消に必要な書類が届いたが、

放置し、抵当権の抹消をせずにいたため、

実際に抵当権の抹消登記をしようとしたときに、

委任状に記載された金融機関の代表者がすでに退任している場合、

この委任状を使って登記できるか。

 

不動産登記法

第一節

第17条(代理権の不消滅)

登記の申請をする者の委任による代理の権限は、

次に掲げる事由によっては、消滅しない。

一 本人の死亡

二 本人である法人の合併による消滅

三 本人である受託者の信託に関する任務の終了

四 法定代理人の死亡又はその代理権の消滅若しくは変更

 

この条文から、抵当権抹消の委任状に記載されている

金融機関の代表者がすでに退任していても

その委任状を登記申請に利用できます。

 

この場合、金融機関の閉鎖登記事項証明書、履歴事項証明書などを提出します。

委任状に記載されている代表者の退任の記載のあるもの

 

また、申請書には、次のことを記載します。

・登記義務者は、現在の代表者を書く。

 (委任状の記載されたすでに退任している代表者ではない。)

・その他に、次のことも書く。

「委任状記載の代表者の代理権限は消滅している。

 代理権限を有していた時期は、 平成  年  月  日から平成  年  月  日である。」

 

届けられた書類を失くした場合、

金融機関に相談し、再発行してもらいましょう。

 

 

放置している抵当権抹消登記が

ありましたら、

速やかに済ませましょう。

 

抵当権について、

中島司法書士事務所にご相談ください。

すぐ対応いたします。

 

中間市、遠賀郡水巻町、遠賀町、芦屋町、岡垣町、

の方もお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中島司法書士事務所

住所
〒806-0048
福岡県北九州市八幡西区樋口町 7-30

アクセス
陣原駅より徒歩15分

TEL
093-631-6512

営業時間
9:00~20:00(平日)

お休み
土曜日、年末年始、夏季休業

facebookページはこちら
http://on.fb.me/1j6Zrlc

中島司法書士事務所

無料相談・お問い合わせはこちら

093-631-6512

営業時間:9:00~17:00(平日)

お問い合わせはこちらから