ブログ

ブログ詳細

相続税の控除


相続を原因とする所有権移転登記をすると、

相続税が気になります。

 

相続税の申告、納税は、

死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内

に行います。 

 

相続税の対象となる相続財産には、

不動産だけでなく、

預貯金、株式、保険金(一定額まで非課税)、

生前に贈与している財産も対象です。

また、借金も相続財産の一つです。

 

相続財産の額が、基礎控除の額よりも、少なければ、

相続税の申告は不要です。

  

基礎控除の計算

平成26年12月31日以前に相続が開始した場合の基礎控除

   「基礎控除額」=5000万円+(「法定相続人の数」×1000万円)

     法定相続人の数  基礎控除額

      1人      6000万円

      2人      7000万円

      3人      8000万円

      4人      9000万円

 

平成27年1月1日以後に相続が開始した場合の基礎控除

   「基礎控除額」=3000万円+(「法定相続人の数」×600万円)

     法定相続人の数  基礎控除額

      1人      3600万円

      2人      4200万円

      3人      4800万円

      4人      5400万円

 

相続財産の額が、基礎控除の額よりも、大きければ、

相続税の申告をします。

 

相続税の申告をすることで、

配偶者控除、障害者控除などの控除を利用することができます。

自分が控除の対象かどうか、確認しておきましょう。

 

 

 

相続による所有権移転登記、

中島司法書士事務所にご相談ください。

すぐ対応いたします。

 

中間市、遠賀郡芦屋町、岡垣町、遠賀町、水巻町、

の方もお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

中島司法書士事務所

住所
〒806-0048
福岡県北九州市八幡西区樋口町 7-30

アクセス
陣原駅より徒歩15分

TEL
093-631-6512

営業時間
9:00~20:00(平日)

お休み
土曜日、年末年始、夏季休業

facebookページはこちら
http://on.fb.me/1j6Zrlc

中島司法書士事務所

無料相談・お問い合わせはこちら

093-631-6512

営業時間:9:00~17:00(平日)

お問い合わせはこちらから