ブログ

ブログ詳細

遺留分の請求


被相続人は、

自身の財産を自由に分配、処分することができます。

しかし、残された相続人には、

生活保障のために一定の割合の財産を

取得することが保証されています。

この保証されている相続財産の割合を

遺留分といいます。

 

遺留分権利者(遺留分を侵害された相続人)は、

遺留分を請求できると知ってから1年以内、または、

相続の開始(財産の所有者が死亡して)から10年以内

に請求しなければ、遺留分の請求権を失います。

 

遺留分権利者は、

遺留分減殺請求の意思表示の通知は、

口頭、郵便で行います。

これにより、減殺の効力は直ちに生じます。

通知しましたよ、という証拠になるので、

内容証明郵便での通知をお勧めします。

 

遺産が、受遺者、受贈者に渡っていない場合は、

受遺者、受贈者に遺留分を差し引いた分を渡します。

遺産が、すでに受遺者、受贈者に渡っている場合、

受遺者、受贈者から遺留分を受取ります。

 

話し合いで解決できないようだと、

家庭裁判所の調停の利用を検討してください。

中島司法書士事務所

住所
〒806-0048
福岡県北九州市八幡西区樋口町 7-30

アクセス
陣原駅より徒歩15分

TEL
093-631-6512

営業時間
9:00~20:00(平日)

お休み
土曜日、年末年始、夏季休業

facebookページはこちら
http://on.fb.me/1j6Zrlc

中島司法書士事務所

無料相談・お問い合わせはこちら

093-631-6512

営業時間:9:00~17:00(平日)

お問い合わせはこちらから