ブログ

ブログ詳細

不動産の時価よりも安い金額で、土地、建物を売買するとき、


不動産の時価よりも安い金額で、土地、建物を売買するとき

(個人と個人の売買)

 

売主には、不動産の売買を行えば、

譲渡所得が課税されます。

取得費、譲渡費用と売却価格の差が無く、

売却利益がなければ、課税はされません。

 

買主には、不動産の売買を行えば、

不動産取得税が課税されます。

 

また、購入価格が著しく低い価額の場合、

売主から買主への贈与があったとみなされ、

買主には、贈与税が課税されるかもしれません。

 

親から子への売買、祖父母から孫への売買で、

不動産の時価に比べ、購入価格が著しく低い価額の場合、

その差額は、贈与とみなされ、贈与税を課税される恐れがあります。

 

同じように、

親族関係のない個人と個人の売買でも、

著しく低い価額での取引では、

贈与とみなされ、贈与税を課税されるかもしれません。

 

著しく低い額かどうかは、取引内容に基づき判断されるようです。

安くなった理由など、説明できるようにしておくとよいでしょう。

 

不動産の時価よりも著しく安い金額で、売買するとき、

買主は、贈与税についても、注意が必要です。

中島司法書士事務所

住所
〒806-0048
福岡県北九州市八幡西区樋口町 7-30

アクセス
陣原駅より徒歩15分

TEL
093-631-6512

営業時間
9:00~20:00(平日)

お休み
土曜日、年末年始、夏季休業

facebookページはこちら
http://on.fb.me/1j6Zrlc

中島司法書士事務所

無料相談・お問い合わせはこちら

093-631-6512

営業時間:9:00~17:00(平日)

お問い合わせはこちらから