ブログ

ブログ詳細

休眠抵当権抹消登記の顛末記⑮


休眠抵当権抹消登記の顛末記⑭の続きです。

 

 

当該抹消物件の土地売買取引及び所有権移転登記

平成25年10月15日(火) (甲43号物件の土地売買取引を実施した)

1 売主:依頼者○○○○○様、買主:宗教法人「○○○○○○」様の土地売買取引の為、

補助者と共に取引会場の○○○○会館へ行った。(AM9時半)

午前10時に取引会場に入り、まず、買主の代表役員の○○○○様にお会いした。未だ売

主は到着しておられなかったが、すぐに作業に入った。

(1)書類の預かり、書類へのご署名捺印を以下のとおり行った。

① 次の書類に買主様からご署名捺印いただいた。その前に内容を確認してもらった。

委任状、登記原因証明情報

② 次の書類を買主様からお預かりした。

 非課税証明書、法人の登記簿謄本、代表役員○○様の運転免許証コピー

③ 売主の依頼者○○○○○様がお見えになったので、次の書類㈠にご署名捺印して貰

い、かつ、次の書類㈡をお預かりした。

㈠ 委任状、登記原因証明情報、不動産売渡証書

㈡ 登記済権利証、印鑑証明書

(2)以上で登記必要書類の署名捺印・預かりを終え、登記可能の状態となったので、代金決済のため、当地二島郵便局へ全員が席を移動した。(AM10時20分)

(3)代金決済は買主から売主へ銀行振込の方法でなされた。登記料はこの場で買主から受領した。

本日は年金支給日なので、お客様が多く混雑していた。到着AM10時半、代金決済終了

AM11時00分であった。

両者から登記をしてよいとの意思表示をいただいたので、登記をする旨を告げ、ここで全

員が散会した。

(4)尚、登記完了書類のお渡しは両者共に書留で送ることで了承を下さった。一応、完了連絡をしたうえ、両者共にご自宅に郵送することにした。

(5)上記の甲53号所有権移転登記を申請した。―――――八幡出張所(午前)

2 当地二島郵便局で、甲43号の供託金払渡請求権の債権譲渡通知書を配達証明付書留郵便で、岡山地方法務局倉敷支局供託官宛てに送った。(譲渡:○○合資会社→中島忠之)

 

 

休眠抵当権抹消登記の顛末記⑯に続きます。

 

中島司法書士事務所

住所
〒806-0048
福岡県北九州市八幡西区樋口町 7-30

アクセス
陣原駅より徒歩15分

TEL
093-631-6512

営業時間
9:00~20:00(平日)

お休み
土曜日、年末年始、夏季休業

facebookページはこちら
http://on.fb.me/1j6Zrlc

中島司法書士事務所

無料相談・お問い合わせはこちら

093-631-6512

営業時間:9:00~17:00(平日)

お問い合わせはこちらから