ブログ

ブログ詳細

贈与によって、不動産の所有権を移転する。


 贈与による所有権移転登記をするのに、必要な書類。

  贈与を証する書面(贈与契約書、登記原因証明情報など)

  不動産権利証(登記識別情報 又は、登記済証)

  印鑑証明書(贈与する人のもの)

  住所証明書(新たに所有者になる人のもの)

 

 贈与によって、不動産の所有者になった場合、次の税金がかかります。

  1.登録免許税

     登記申請の際に支払います。

  2.不動産取得税

     取得したときから60日以内に、県税事務所へ申告します。

     申告後、県税事務所から納税通知書が届くので、期限内に納めます。

  3.贈与税

     暦年課税、相続時精算課税のふたつの課税方法があり、

           贈与者が60歳以上、受贈者が20歳以上で贈与者の推定相続人の場合に

           相続時精算課税を選ぶことができます。

    

         ①暦年課税を選択し、1月1日から12月31日までの1年間で

         110万円を越える財産を贈与された場合、

    贈与された年の翌年の2月1日から3月15日までに

         管轄税務署に申告、納税をします。

    110万円以下の財産の贈与の場合、申告、納税はありません。

    ②相続時精算課税を選択した場合、

    財産をもらった年の翌年の2月1日から3月15日までに

         管轄税務署に申告します。

    相続財産の一部として、相続税の計算をします。

    贈与税の支払はありません。

中島司法書士事務所

住所
〒806-0048
福岡県北九州市八幡西区樋口町 7-30

アクセス
陣原駅より徒歩15分

TEL
093-631-6512

営業時間
9:00~20:00(平日)

お休み
土曜日、年末年始、夏季休業

facebookページはこちら
http://on.fb.me/1j6Zrlc

中島司法書士事務所

無料相談・お問い合わせはこちら

093-631-6512

営業時間:9:00~17:00(平日)

お問い合わせはこちらから